Archive for the ‘SEO対策’ Category

YahooジャパンでGoogle検索採用されても、YahooのSEOは必要

2010年7月14日

YahooジャパンがGoogle検索を採用するという情報が流れておりますが、Yahooジャパン経営陣の話では、導入してしばらく経過後にYahooジャパン独自の味付けをGoogleアルゴリズムに加えるようです。
つまり今後もYahoo独特のペナルティフィルターが活躍し、Googleとはかなり異なった検索結果になる事が予想されます。
今後もYahooのペナルティフィルターを視野に入れたYahoo向け対策中心に対策して参ります。
Yahooでリンクスコアがごっそり削られないような“自然風”の外部リンク対策を進めて参ります。
Yahoo対策を施していけばGoogleでも順位は無理なく上がってまります。
自然リンクの定義が狭いYahoo検索(YST)で評価される被リンクであれば、自然リンクの定義が広いGoogle検索でも評価されます。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

SEO対策問合せ・申込みSEO東京検索上位表示検索エンジン上位表示SEOサポートSEO見積りSEOプロSEOセミナーSEM代行SEM会社SEM対策インターネット広告代理店

1URLはビッグキーワード、残りの4URLはスモールキーワードでSEO対策という戦い方

2010年7月14日

投下したSEO費用を早期に回収したいとお考えであれば、URLの幾つかは対策キーワードを変更するのも一つのやり方であると思います。
コンバージョン数の高いスモールな購買目的キーワードで上位表示を短期で達成し、その売上を元に難関キーワード攻略のSEO費用に回すいうやり方が一番お奨めです。
出来れば、難関キーワードは多くても1つか2つに絞り、残りの4つか3つの枠で、以前提案したようなコンバージョン数が高いであろうスモールな複合語で短期に上位表示を目指し、売上を増やす戦い方に変えられた方が貴殿にメリットがあると思います。
スモールな複合キーワードで上位表示を次々と達成しながら、その売上を元手に難関キーワードを一つずつ各個撃破していったほうが、貴殿に「利」があるのではないでしょうか。

ビッグなキーワード オンリーの戦い方ですと、上位化までに大変な資金と時間が必要となるため、時間対効果・費用対効果が非常に悪くなります。
売上が上がらないと、モチベーションも落ちてくると思います。
対策キーワードにスモールなキーワードも含めて頂き、売上を上げる事を最優先する戦い方を、弊所はおススメ致します。
売上さえ上げていれば、それを元手にビッグなキーワードも時間を掛けて対策する事が可能となりますので。
ご検討ください。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

SEOコンサルティングSEO費用SEO格安検索エンジン対策検索上位上位表示外部リンクバックリンク被リンクSEO料金SEO実績SEO対策よくある質問・Q&A

SEOサービスの流れ&内部SEO対策のチョイ解説

2010年7月14日

SEOサービスの流れをここで一度整理させて頂きます。
弊所によるSEO対策はSEO料金の入金確認後、外部被リンク対策を中心に進めて参ります。
被リンクに関しましては、http://seo-pig.com/fee/ ページにある通りでして、アンカーテキストは同一にせずバラバラに分散させて自然な形の被リンクとなるように調整して参ります。
また、1サイト1リンク方式の被リンク対策とROSリンク(サイト内全ページからの被リンク)を併用して高いSEO効果が期待できるよう工夫して参ります。
貴サイトの内部ソースに順位上昇の阻害要因がある為に外部リンク対策だけではどうしても対処できないと判断した場合は、弊所より自発的にメールにて貴サイト内部のソース修正の依頼をお願いする事があります。
予めご了承ください。

チョイ解説
内部SEOについてですが、
1、タイトルにキーワードを入れる
2、対策URLが「まさにターゲットキーワードに関してのページだ」と第三者が読んでも思ってもらえるようにページ内のコンテンツを作る
3、サイト内部からサイト内部の各ページURLにリンクを張る際、アンカーテキストにキーワードを含める
4、HTMLソースの上部にほど検索エンジンに重視されるという事実を忘れず、headセクションを軽量化し、bodyセクションがHTMLソースの上部にくるようにcssやJavaScriptは外部ファイル化する

これらの最低条件は守ってもらいたいものです。
2については、ターゲットキーワードを大量に盛り込むのでは無く、ターゲットキーワードと「意味の上では同じ」別の言葉(LSI=Latent Semantic Index)も盛り込みつつ、ターゲットキーワードと関連度の高いその他のキーワードもふんだんに盛り込んで(共起率を高める)「まさにターゲットキーワードについて書かれたページ」だと検索エンジン(ロボット)にも訪問者(人)にも伝わるように作成しましょう!という意味です。
4が守れていない方も多いです。
HTMLソースの1/2つまり上部すべてがheadセクションで埋められ、中身はcssとJavascriptの記述というHTMLソースを使っている方も多いです。
検索エンジンがHTMLソースの上部に出て来るキーワードに重みを付けることをお忘れなく。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

インターネット広告代理店SEMネット広告代理店SEM対策SEM会社SEM代行ネットショップ集客

SEOサービスSEO会社SEO激安SEO低価格検索エンジン登録代行