Archive for the ‘SEO対策’ Category

検索上位表示されるまでコンテンツ不在で放置。上位化されているページのLPOに時間を重点配分

2010年8月14日

基本的に、売上に繋がるキーワードのページに時間を重点配分した方が良いです。
特に、上位化され検索ユーザーからのアクセスが入りつつあるページに時間を割くと良いです。
いわゆるランディングページ最適化です。
「売上を上げる為には、今どのページに時間を重点的に配分すべきか?」
これを常に御自身に問いかけながら、作業をすると売上に繋がって来ると思います。

私の場合、メインホームページの各ページは現在コンテンツ不在になっております。
各ページに検索エンジンからターゲットユーザーが十分に訪れるようになるまでコンテンツ不在のまま放置するつもりです。
ターゲットユーザーが検索エンジン経由で十分訪問してくるようになってから、そのページに手を付けます。
すでにターゲット検索ユーザーにリーチ出来ているページに重点的に時間をあて、LPO(ランディングページ最適化)を施し売上に繋げます。

時間は有限ですので、「売上に繋がりそうなアクセスが入っているページ」に重点的に時間配分しLPOを施した方が良いです。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん - Yahoo上位表示

歯科医院のHP
さいたま市緑区歯医者は

飲食店向けのコンサルティング会社HP
飲食セミナーふ
飲食開業ほ

遠隔ヒーリングのプロのサイト
気功療法ひ

1、YSTからGoogle検索への切り替えになんとか対応できた
2、ヤフーの検索エンジンYSTからGoogleへ切り替え完了?公正取引委員会も「問題無し」との事
3、グーグル検索では上位表示されると、そう簡単に順位は落ちない。ヤフー検索での不動の上位表示に繋がる
4、上位表示要因としてGoogleページランクの重要度は低い。GoogleとYahooのSEO対策
5、WordPressでブログを立ち上げたら、先ず「パーマリンク設定」を変更
6、SEO対策の被リンク効果の有る無しは「大局」で判断せよ
7、オーガニック検索1位とキーワード広告1位では集客できる検索ユーザーが異なる
8、米YSTのサイトエクスプローラーで被リンクを把握する

 

 

wwwは必要なのでしょうか?不要

2010年7月14日

>wwwは必要なのでしょうか?

wwwは必要ありません。
WWWは位置づけで申しますと、「www.seo-pig.com」はseo-pig.comの下位(サブ)にwwwという階層を設けたサブドメインのようなものです。
WWWという言葉はWebを表しております。
「www=HTTP+MIME+URL+HTML」と考えて頂ければ間違い無いです。
インターネット上で情報を共有する為のシステムの一つがWWWです。
つまりwww=Webだと言えますが、URLのドメイン部分にwwwを入れる事で初心者にもそのアドレスがWebアドレスだと分かるように「しるし」として付けていると考えて頂けたらと思います。
wwwをseo-pig.comに付けても、上位表示効果はありませんので付ける必要は特にありません。

インターネットに強く無い第三者の場合、「seo-pig.com」とだけ名刺等に印刷されていると、それがWebサイトのトップページのWebアドレスだと伝わらない事があります。
「www.seo-pig.com」の場合はインターネットに弱い第三者でも、それがWebアドレスだという事がわかります。
ですので、wwwは『「Webアドレス・Webサイトです」というシルシとして付けた方が良いか?』を判断基準に付けるかどうか決めればよいと思います。
弊所の場合は、www無しのシンプルなURLが好きなので、wwwは付けておりません。
名刺にも「seo-pig.com」だけで印刷せず、「http://seo-pig.com/」で印刷すればインターネットに弱い第三者にもWebアドレスだと伝わります。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

検索エンジン対策検索エンジン最適化

町の歯医者さんのメインサイト(虫歯治療など)
熊谷市歯科し
立石歯科せ
新小岩歯科た
川口市歯科つ
さいたま市緑区歯科と

引越し料金の比較サイト
引越し料金の高い時期と安い時期ち

工場もビルもまるごと買い取る買取センターのHP

リサイクル買取東京ぬ

人形の通販屋さんのページ
雛人形通販の

 

「Yahoo SEO」「Google SEO」から「ナチュラルSEO」へ意識を移す

2010年7月14日

Yahoo検索(YST)であれ、Google検索であれ順位を上げる上で重要なのは獲得する被リンクが『「自然」に近いかどうか?』です。
この「自然」「ナチュラル」というものに自分の意識が向かい始めると、Google SEOだとかYahoo SEOという考え方が段々薄れてきます。
「Yahoo SEO」「Google SEO」から「自然 SEO」「ナチュラル SEO」に焦点を合わせるようになります。

Yahoo検索(YST)であろうが、Google検索であろうが、「自然」なリンクは評価します。
もっと正確にいうと、「自然」なリンクを検索エンジンは評価しなければなりません。
『「人工」を排して、「自然」のみを評価する』、これが検索エンジンのランキングアルゴリズムの目標の一つです。
YahooやGoogleのランキングアルゴリズムというのは、「自然」と「人工」を選り分け分離するフィルターのようなものといえます。
YahooやGoogleで貴サイトを上位表示させるには、この内の「自然」側に入る被リンクを必要な量だけ付けて行く事がポイントとなります。

今後もYahoo検索(YST)特有のSEOや、Google検索特有のSEOは無くなりませんが、そこに意識を向けるよりは「自然」「ナチュラル」に意識を向けたほうが上手く行くと思います。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

ネット広告代理店SEM

SEOコンサルタントSEO会社SEOホームページYahoo SEOGoogle SEOBing SEOSEOブログSEO業者

ヤフーSEOGoogle SEO