1URLはビッグキーワード、残りの4URLはスモールキーワードでSEO対策という戦い方

投下したSEO費用を早期に回収したいとお考えであれば、URLの幾つかは対策キーワードを変更するのも一つのやり方であると思います。
コンバージョン数の高いスモールな購買目的キーワードで上位表示を短期で達成し、その売上を元に難関キーワード攻略のSEO費用に回すいうやり方が一番お奨めです。
出来れば、難関キーワードは多くても1つか2つに絞り、残りの4つか3つの枠で、以前提案したようなコンバージョン数が高いであろうスモールな複合語で短期に上位表示を目指し、売上を増やす戦い方に変えられた方が貴殿にメリットがあると思います。
スモールな複合キーワードで上位表示を次々と達成しながら、その売上を元手に難関キーワードを一つずつ各個撃破していったほうが、貴殿に「利」があるのではないでしょうか。

ビッグなキーワード オンリーの戦い方ですと、上位化までに大変な資金と時間が必要となるため、時間対効果・費用対効果が非常に悪くなります。
売上が上がらないと、モチベーションも落ちてくると思います。
対策キーワードにスモールなキーワードも含めて頂き、売上を上げる事を最優先する戦い方を、弊所はおススメ致します。
売上さえ上げていれば、それを元手にビッグなキーワードも時間を掛けて対策する事が可能となりますので。
ご検討ください。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

SEOコンサルティングSEO費用SEO格安検索エンジン対策検索上位上位表示外部リンクバックリンク被リンクSEO料金SEO実績SEO対策よくある質問・Q&A