6月 2010 のアーカイブ

トップページよりサブページの被リンク数が多いと検索順位は落ちますか?落ちません

2010年6月14日

>トップページよりもサブページの被リンク数のほうが多く認識されているとGoogleにバランスがおかしいと判断され順位が落ちる事はありますか?

トップページよりもサブページに多くの被リンクが集まっていても、トップページの検索順位が落ちる事はありませんし、サブページの検索順位が落ちる事もありません。
トップページとサブページの被リンク数のバランスは順位上昇・順位降下にあまり関係ありません。

キラーコンテンツがサブページに存在する場合、外部からの被リンクはいうもでも無くトップページでは無くキラーコンテンツを有するサブページに大量に集中します。
キラーコンテンツが複数あり、それらが全てサブページ群に存在する場合は、外部からの被リンクはサブページ群に集中しトップページには集まりません。
このサブページに被リンクが集中したという理由で、Google検索やYahoo検索(YST)がトップページの評価を落とすでしょうか?
落とすはずがありません。

大量の外部被リンクを集めるサブページ群からリンクされているトップページは、「信用度・信頼度の高い複数のサブページから支持されている(リンクされている)」という事でむしろ評価を上げます。
特にYahoo検索(YST)では、サブページが多数の外部被リンクを獲得するとトップページを高く評価する傾向があります。
もちろん、Google検索でも同じで、サブページ群が外部被リンクを大量に獲得すれば、それらのサブページ群からリンクされるトップページを高く評価します。

Yahooジャパンで検索エンジンとしてGoogle検索が採用されるという事で、最近注目を集めているGoogle SEOにおいては、トップページとサブページの被リンクのバランスは考慮する必要はありません。
考慮すべきは、「被リンクのアンカーテキストに占めるSEOキーワードの比率」です。
「被リンクのアンカーテキストに占めるSEOキーワードの比率」は検索順位に大きな影響を及ぼします。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

SEO対策SEOYahoo SEO対策Yahoo SEOGoogle SEO対策Google SEO

作成Web制作ホームページ制作HPホームページ作成HPBlogビジネスブログビジネスブログ制作Blogビジネスブログ作成Blog

Google検索で圏外になる原因としてはどんな事が考えられるでしょうか?

2010年6月14日

>Google検索で圏外になる原因としてはどんな事が考えられるでしょうか?

各URLの被リンクに占めるSEOキーワードの比率が高まり過ぎた時などにそのURLは検索圏外に飛びます。
但し、URLの被リンクに占めるSEOキーワードの比率が高まり過ぎても順位が落ちないURLも多数存在します。

もう一つは、URLの被リンクのバランスが崩れている時にも順位は落ちます。

Google・Yahoo(=YST)で評価の高い強固なURLにも被リンクのバランスというものは存在します。
上位を保ち続けるのに必要な被リンクのバランス保っているからこそ、強固なURLは1位表示や2位表示を保っているのです。
しかし、これらの強固なURLでも被リンクのバランスをGoogle Bowling(グーグル ボーリング)やYST Bowling(YST ボーリング)で崩されれば順位は落ちます。
被リンクのバランスにも閾値があるため、その閾値を越えてしまうと被リンクのバランスが崩れ順位は落ちてしまいます。
ですので、大量に被リンクをつければ上位で安泰とはなりません。

上位表示維持で必要な事は被リンクのバランス維持と被リンクに占めるターゲットキーワードの比率の調整です。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

SEO対策Yahoo SEOGoogle SEOBing SEO

SEO対策Yahoo SEOGoogle SEOホームページSEOBing SEOブログSEO

Yahoo SEO対策Google SEO対策