「A 大阪」のキーワードでのアンカーテキストが少ない事が原因で順位が上がらないのでしょうか?

>「A 大阪」のキーワードでのアンカーテキストが少ない事が原因で順位が上がらないのでしょうか?

Google検索でターゲットキーワードで上位表示を目指す場合、ターゲットキーワード入りのアンカーテキスト被リンクを外部から多数集める必要があります。
本当に評価の高いURLであれば、ターゲットキーワード入りのアンカーテキスト被リンクが僅かであってもターゲットキーワードで1位表示される事はありますが、殆どのサイトオーナーには無縁の話だといえます。
ゆえに、Google検索でターゲットキーワードで貴URLを上位表示させるには多数のターゲットキーワード入りのアンカーテキストが必要であると考えて頂いて間違いありません。

現在トップページをキーワード「A」および「A 大阪」で対策中ですが、トップページの最優先キーワードは「A」です。
「A 大阪」のアンカーテキストは冗長で「A」での上位化においては足枷となりプラスにならない為、弊所としてはあまり使う事ができません。
「A 大阪」で上位表示するにはGoogle対策としては「A 大阪」のアンカーテキストリンクが多数必要ですが、あるサイトからは「A」でアンカーし、別サイトからは「A 大阪」でアンカーリンクしていては被リンクに占める「A」の比率が高まり過ぎて将来的には「A」で順位を大きく落とす事になります。
解決策としては、「A 大阪」でのアンカーテキストリンクは極力使わず、「B 大阪」などでリンクして「大阪」との関連度を上げる事です。

Google SEO対策を考えると、トップページを「A」および「A 大阪」で対策する場合は、まず「A 大阪」というキーワードにてGoogle検索で1位付近まで上げ抜く事が大事です。
その後に、「A」で対策した場合は「A 大阪」の被リンクの比率は下がる事はあっても上がる事はありませんので「A 大阪」での検索順位の固定化にも寄与します。
「A 大阪」での順位を固定化させならが、「A」での上位表示対策を行っていく事で、最終的に「A」でも「A 大阪」でも1位を達成する事が可能になります。
Google SEO対策においては同じURLで複数のキーワードの上位表示を狙う場合、対策するキーワードの優先順位が重要になります。
「単一キーワード」と「その単一キーワード入りの複合キーワード」で対策する場合は、「複合キーワード」⇒「単一キーワード」の順で対策するのがGoogle SEO対策としてはベストの選択です。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

保険見直し相談保険見直し保険相談保険ブログ医療保険見直し生命保険見直し保険代理店

Yahoo SEO格安SEOSEO業者Yahoo SEOGoogle SEO対策