ウェブマスターツールよりも被リンク効果を客観的に判断できる方法がありますか?

>ウェブマスターツールよりも被リンク効果を客観的に判断できる方法がありますか?

被リンク効果を正確に測れるツールや客観的な手法は現時点では無いです。
検索コマンド等を複数組み合わせても、リバースエンジニアリング(逆行分析)が出来ないように現在の検索エンジンは設計されているので今後も有効な分析手法は出て来ないでしょう。
被リンク効果分析で重要な情報が「可視化されない」ように、検索コマンドの複数組み合わせには制限が課せられておりますので、「有効な方法は無い」と考えて頂ければと思います。

巷に流れている被リンク分析手法は全て役に立たないため、弊所の場合は全て無視しております。
巷の被リンク分析手法を使ってもSEOの「何も見えてこない」というのは弊所の見解です。
思っている事をはっきり申し上げますと、巷の被リンク分析手法に時間を割くのは「時間無駄」でしかありません。

被リンク効果測定においては、一定期間同じ手法で対策を行い、その中で大局を見て判断を下す以外に無いです。
ここでいう大局とは2,3カ月程度の短期では無く、最低でも半年から1年くらいの期間の中での動きです。

By 企業参謀 兼 SEOコンサルタント トンちゃん

@格安ネットショップCMSカラーミーショップ。CMS引越を見据え独自ドメインでトップに被リンク集中
@ドメインにキーワードを含めないのも一つの手。企業名やニックネームだけのドメインで全方位に展開
@サブページにリンクしてもトップページの評価が上がるのが、Yahoo!検索
@Bingでサイト内ページのインデックス化を進めるには「時間」が必要。Bingのエイジングフィルタ
変動するヤフー。帰って来たトンちゃん「Yahoo SEO対策」6位。「Yahoo SEO」13位
お客さんサイト、指定5URL全てでYahoo! 10位以内達成。別お客さん指定2URL 全て達成
被リンクで重要な「時間」の分散。ドメイン分散やIPアドレス分散だけが被リンク対策では無い
SEO事業の分業化を進めるトンちゃん。「個人のSEO」から「組織のSEO」へ
トップページURLの最後のスラッシュ「/」有る無しでGoogleページランクが変わるのは面白い
米Googleはページの表示速度を検索順位に反映させているようだ
顧客サイト 月間検索数30万以上のビッグキーワードでYahoo検索 1位達成! 激安SEOの底力
強みに集中する。徹底して自社・自分の強みに集中。弱みはそれに強い他者・他企業に任せて強みに変える

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。