無料WordPress.com blogは、通常のWordPressと違ってHTMLのカスタマイズが出来ない。Yahooの内部SEOで不利

この無料Wordpress.com blogは、通常のWordpressと違ってHTMLのカスタマイズが出来ない事に気付きました。
今まではHTMLのカスタマイズをしようと思う事がなかったので、気付く事もなく使ってました。
CSSは弄れるようですが、HTMLのカスタマイズは出来ないので、Yahooの内部SEO対策をやる際には、ちと不利なブログです。

Yahooの内部SEOって何?と思う方も多いと思うので少し説明します。
Yahooの内部SEO対策というのは、自分のサイト内部で出来るSEO対策の事です。
Yahooの内部SEO対策の意味が分かれば、Yahooの外部SEO対策の意味分かると思います。
Yahooの外部SEO対策は、自分のサイト外部で出来るSEO対策の事です。

「ん?なんですと?SEO対策の意味が分からない?」
・・・・・^^;。

Googleというのは、サイト外部の対策をやれば上位化出来るのは、ある程度SEO対策をやっている方であればご存じだと思います。
しかし、Yahooは外部たSEO対策だけを頑張ってもなかなか上位表示されないもんです。
競争相手が弱いキーワードでなら、Google同様、サイト外部の対策(被リンク対策)だけ上位表示が可能なのですが、これがBigキーワードになると上位表示がYahooでは厳しいのです。
BigキーワードでのSEO対策に挑戦された方なら、外部SEO対策めちゃくちゃ頑張っても検索順位が上がらないわけです。
この点がGoogleのSEO対策との決定的な差であるとワタクシは考えております。

サイト内部のSEO対策といっても、沢山あるわけですが、サイト内部で出来るSEO作業の内で重要度の高いものはきっちり押さえて行かないと、ビッグキーワードでの上位表示はYahooでは無理だと思います。
Googleでは、このYahooで要求される内部SEO対策に関する気付きが無くても上位表示は可能ですが、Googleでは外部SEO対策における気付きのセンスが要求されるわけです。
外部SEO対策の勘所に「気付かない」場合は、Googleでの上位表示もまた難しいでしょう。

このWordpress.com Blogは、Yahooで重要なHTMLのフルカスタマイズが出来ませんので不利です。
Yahooは内部対策、Googleは外部対策と昔から言われてますが、私もその通りだと思っております。
Yahooでは、サイト内部対策に関する気付きが要求され、Googleでは、サイト外部対策に関する気付きが要求されるわけです。
これに気付いた方々が、検索エンジン戦線を制するわけです。

もう一度繰り返しますがYahooは内部、Googleは外部です。
しかし、ついこの前に行われたYahoo検索アルゴリズムUpdateで外部の重要度が上がったとワタクシは感じております。
しかし、基本的にYahooは内部です。

特許申請・特許出願のことなら東京の国際特許事務所弁理士 国際特許事務所特許申請特許事務所ブログ弁理士特許出願

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。