サイトの内部リンク網の密度を高めただけでは上位表示は不可能。外部被リンクはSEO対策で必須

サイトの内部リンク網の密度を高めただけでは上位表示は不可能である。
過去の私の膨大な検証データからこれは、断言できる。
ロングテールキーワード等であれば内部リンクだけで上位化も可能だが、少なくとも、競合の激しいビッグキーワードでは上位表示(1位表示)は不可能。

サイト内部のリンク網を「これでもか!」というくらい高密度にして行ったとしても、それだけでビッグキーワードでページを上位化させる事は不可能。
外部被リンクはSEO対策で必須である。
ビッグキーワードに関しては、外部被リンク無くして、上位表示などあり得ない。

SEOの内部対策全般をパーフェクトに施したとしても、それだけで競合激しいキーワードでの上位化は不可能。
逆に言うと、SEOの内部対策は程々でも、外部被リンクが強烈に決まっていれば容易に上位化出来る。

SEOの内部対策が重要で無いと言っているのでは無い。
サイト内部のSEO対策は程々でも何とかなると言っているのだ。

では、SEOの外部被リンク対策は程々で良いか?
「程々で良いわけが無い」。

Web上で、どのページが優れているかを判断するのは誰だ?
答えは簡単。
「自分以外の人間が判断するのだ」。

では、そのWebページの優劣を判断する為に検索エンジンは何を参考にしたら良いか?
これも答えは簡単。
「外部からの被リンクで判断すれば良い」。

「外部からどれだけ被リンクを集めているか?」というのは、「外部の人間からどれだけ支持を得ているのか?」と同義。
内部のSEO対策が不要だとは言わないが、一番重要なのは外部被リンクである。

貴方のページが上位に来るか来ないかは、この外部被リンクが全て。
外部被リンクで決まるのだ。

内部のSEO対策の目的はたった一つ。
訪問者に分かりやすいサイト設計にする事。
これだけである。
どこに何があるか?このサイトのテーマは何か?
これが一発で分かるサイトであれば内部のSEO対策は十分。

過去に何度となく繰り返し行ってきたが、SEO対策で真に重要なのは外部被リンクである。
外部の人間からどれだけ支持されているか?人気があるのか?の指標になるからだ。
外部の多くの人間に支持されるページを上位化させないと、検索エンジン会社は飯を食って行けない。
検索ユーザーが離れてしまえば、検索連動型広告のクリックもされなくなる。
つまり、収益が途絶えるというわけだ。

もう一度繰り返すが、SEO対策で一番重要なのは外部被リンクである。
外部被リンクがSEO対策の全てである。
自分以外の外部の人間からの支持が全てなのだ。
そしてその外部被リンク対策を専門的に行っているのが私のようなSEO業者である。

SEO対策Yahoo! SEO検索エンジン最適化Yahoo SEO初心者SEO対策Bing SEO対策濃いSEOヤフーSEOYahoo Google Bingを知るのもSEO対策SEO対策ブログトンちゃんSEO対策濃いSEO

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。